抜く?剃る?ムダ毛処理と肌ダメージについて

ムダ毛は煩わしいものです。
毛質が硬く、太い人はカミソリを持つ手に力が入る事があるので、
毛を剃る時に肌を傷つけてしまう事があります。

何度もカミソリで皮膚を擦るので、肌への負担は増していきます。

ムダ毛の自己処理は衛生面に配慮しながら慎重に行う事が必要です。
まずは入浴中のカミソリでの処理は避けた方が無難です。

石鹸を使用しての処理は角質を必要以上に取り除いてしまいます。
お手入れは入浴後の毛穴が開いた状態の時に行うのが最適です。

シェービングクリームを使用し、
カミソリが滑らかに使用できる様にします。

毛の流れに沿って処理していけば、ダメージをある程度は抑える事ができますし、
そして人によっては毛抜きを頻繁に使用して毛の生え際を丁寧に整えている人もいます。

毛抜きでの処理は痛みが伴いますが、
簡単に取除く事ができるので、多くの人が行っています。

しかし毛抜きで毛を抜く行為を続けていると途中で切れる事があります。

毛穴は毛が再生してくる前に塞がってしまう事もあるので、
出口を失ったムダ毛は埋没毛となります。

赤いニキビの様な発疹が多数できる事がありますが、
ニキビではなく埋没毛が炎症を起している状態である事が殆どです。

毛抜きで無理に取除こうとすると、
炎症が皮膚の深層部位にまで及んでしまう事があります。

清潔に保ち、保湿を心がける事で自然に解消できる様にする事が必要です。
ムダ毛の自己処理は何かと手間がかかる面倒な作業です。

全身にムダ毛がある人は手の届かない部位もあり、
剃り残しが目立つ人もいます。

脱毛サロン等に相談すればこの様な肌への負担を
かけずにムダ毛を解消してくれます。

サロンで行われる光脱毛は広範囲のムダ毛に
特殊な光を照射する事でムダ毛を取除いて行く事ができます。
痛みや刺激の少ない肌に優しい脱毛方法です。

サロンによってアフターケアの充実度が違い、
サービス内容はお店のホームページで確認し、
店舗の雰囲気や評判といった更に詳しい事柄は口コミサイトの利用が便利です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です